close x

刊行物

メディア・コミュニケーション〔研究所紀要〕No.52(2002.3発行)

Contents
特集|ネット社会と倫理問題
中島 洋
情報倫理論序説
―ネットワークはジャーナリズムをどのように変えるのか―
水元豊文
「共有地の悲劇化」するネット社会に求められる情報環境倫理
梅津光弘
情報化社会における個人と企業と社会の倫理
―情報倫理の基本的課題事項と基本的スキームの確立にむけて―
新保史夫
迷惑メールの法的規制
林紘一郎
「電子メディア共通法」としての「電子公衆送信法」(案)
滝田辰夫
eラーニング 遠隔教育メディアの変遷と今後の課題
湧口清隆
無線系テレビ放送の「公共性」
磯本典章
有線テレビジョン放送法における施設設置の許可基準に関する分析 ―東京高裁平成11年1月25日判決を素材として―
萩原 滋
テレビを中心とする大学生のメディア利用状況(2001)
―首都圏7大学での調査結果の報告―
彙 報
編集責任者|萩原  滋 Mail

紀要バックナンバー

メディア・コミュニケーション〔研究所紀要〕No.51(2001.3発行)

特集|日米政府の電子化文書を使った多言語アーカイブ・サイトの開発
林紘一郎・豊福晋平
母国語アーカイブ・サイトの意義と研究の進捗情況
横山晶一
インターネット翻訳による情報受発信
宮澤信一郎
インターネット翻訳ソフトの現状と将来展望
石崎 俊・岡本 潤
要約ソフトの現状と将来展望
山内康英・小町祐史・松下周二・長村 玄・大久保彰徳・上村圭介
議会情報の利用促進とWebの多言語表示
―アジア太平洋議員フォーラム「APOINT2001」について―
上田修一
情報源としてのWWW
川崎賢一
東京インフォミドル:生成と可能性
内山 隆・湧口清隆
経済政策としての映像ソフト振興策 ―フランスの事例―
李 妍焚・柴田邦臣・池田 緑
「電子ネットワーク」分析への一試論
―インターネットと社会参加との関連性を中心に―
萩原 滋
1990年代における大学生のテレビ視聴の動向
―都内4大学での継続的調査結果の報告―
編集責任者|萩原  滋 Mail

紀要バックナンバー

メディア・コミュニケーション〔研究所紀要〕No.50(2000.3発行)

Contents
特集|ニュース研究 ―メディアコム・プロジェクトからの報告―
萩原 滋・福田 充・横山 滋・李 光鎬・川端美樹・斉藤慎一
1999年東京都知事選報道の分析 ―テレビ報道の特質を探る―
斉藤慎一・萩原 滋・川端美樹・福田 充・李 光鎬・御堂岡潔・横山 滋
ニュースサイトの利用と効果
―インターネットはニュース行動をどう変えるか―
伊藤陽一
ニュース報道の国際流通に関する理論と実証
大石 裕・岩田 温・藤田真文
地方紙のニュース制作過程 ―茨城新聞を事例として―
内山 隆
ニュース報道事業の産業組織
西岡洋子・菅谷 実
グローバルTVニュースの産業組織と番組形式に関する研究
林紘一郎
包括メディア産業法の構想 ―垂直規制から水平規制へ―
尹 榮・李 光鎬
経済政策としての映像ソフト振興策 ―フランスの事例―
編集責任者|萩原  滋 Mail

紀要バックナンバー

「変容するメディアとニュース報道~テレビニュースの社会心理学~」

hagiwara1萩原 滋(編著)
横山 滋・斉藤慎一・李 光鎬・川端美樹・福田 充(著)
丸善、2001.3
萩原滋教授の新刊。本書は研究所の研究・教育基金による4年間にわたるプロジェクトの 集大成である。「テレビにおけるニュース報道とは、どのような社会的影響力を持つのか。 どのように受け取られ、利用されているのか。報道の歴史をたどりながら、インターネット時代のニュース報道の意味を問う。」

その他の出版物 刊行物

Lorem ipsum dolor sit amet

Lorem ipsum dolor sit amet, adipiscing elit. Aenean commodo ligula eget.

more

資料

Lorem ipsum dolor sit amet

Lorem ipsum dolor sit amet, adipiscing elit. Aenean commodo ligula eget.

more

資料

1 7 8 9 10 11