close x

その他の出版物

〈ガイドブック〉ドイツの憲法判例

著者:
鈴木 秀美 編
三宅 雄彦 編
西土 彰一郎 著
土屋 武 著
石塚 壮太郎 著
栗島 智明 著
発行元:信山社
2021.3

ドイツ連邦憲法裁判所による基本判例とその展開に関する要所を解説する。日本国憲法が直面している諸課題を考える。

 

その他の出版物 刊行物

モビリティーズのまなざし

著者名:
小川(西秋)葉子 編
是永 論 編
太田 邦史 編
発行元:丸善出版
2020.11

イギリスを代表する社会学者ジョン・アーリが現代社会の解明に挑んだ新たな分析概念の「モビリティーズ」。初学者にもわかりやすい形でモビリティーズ研究の事例を加えながら今後の発展を解説する。

 

その他の出版物 刊行物

メディアと感情の政治学

カリン・ウォール=ヨルゲンセン 著
三谷 文栄 訳
山腰 修三 訳
発行元:勁草書房
2020.11

怒り、愛情、恐怖……。感情がメディアを駆けめぐる。SNSや、一見「客観的」なニュースにさえもあふれる「感情」を鋭く分析する!

 

その他の出版物 刊行物

メディア・社会・世界    デジタルメディアと社会理論

ニック・クドリー 著
山腰修三 監訳
2018.11

Google, Twitter, YouTube・・・・
デジタルメディアは民主主義を実現させるのか?

メディアを通じて秩序化される現代社会、そこで作用する権力作用。社会理論を渉猟しつつデジタルメディア社会を分析する、メディア理論研究の最前線。

 

その他の出版物 刊行物

ドイツの憲法判例 Ⅳ

ドイツ憲法凡例研究会 編
鈴木秀美・畑尻 剛・宮地 基 編集代表

2018.10

ドイツ連邦憲法裁判所判例の全体像
ドイツの重要憲法判例を分析・解説
充実の附録も付した、憲法研究の基本文献

その他の出版物 刊行物

メディア法研究

鈴木秀美 責任編集

2018.9

普遍的原理とメディア法
‶超”高度情報化社会と表現の自由

その他の出版物 刊行物

「憲法学の創造的展開 上巻」「憲法学の創造的展開 下巻」(戸波江二先生古稀記念)

工藤達朗・西原博史・鈴木秀美・小山剛・毛利透・三宅雄彦・斎藤一久編

2017.12

現代日本社会における憲法学の意義と創造的な展開の可能性。上下巻で、国内外から60名が寄稿した今後の憲法研究に幅広く有用の書。

その他の出版物 刊行物

憲法の発展 Ⅰー憲法の解釈・変遷・改正ー

鈴木秀美・マティアス・イェシュテット・小山剛・ラルフ・ポッシャー編

2017.9

憲法解釈と理論の深化を図る―日独憲法学の交流の記録―

日本とドイツの対話から、グローバルに照射される憲法学の最先端と長年の蓄積が、この一冊から読み解ける。

 

その他の出版物 刊行物

Verfassungsentwicklung1

Matthias Jestaedt/Hidemi Suzuki(Hrsg.)

2017.8

 

その他の出版物

放送の自由〔増補第2版〕

鈴木秀美 著

2017.8

放送が奉仕的機能を果たすための条件整備とは。法改正、判例動向や解説を加え、近年発表した3論文を追加した「増補第2版」。

その他の出版物 刊行物