close x

最新の刊行物

メディア・コミュニケーション〔研究所紀要〕No.72(2022.3発行)

 

表紙
目次
◆特集1:インターネット時代のメディア法の行方II
鈴木秀美
ドイツSNS対策法の2021年改正
杉原周治
ストリーミングコンテンツと法規制―民間事業者のインターネット・ストリームに対するドイツの法制度の概要と最近の動向―
水谷瑛嗣郎
ソーシャルメディア・プラットフォームのコンテンツ・モデレーションと「表現の自由」―フロリダ州法SB7072に対する連邦地裁の仮差止命令を題材に―
村上玲
ニュースポータルサイトにおけるユーザーコメントの憎悪表現と運営者の責任―欧州人権裁判所判決:DELFI AS v. ESTONIA を題材として―
◆特集2:クリティカル・オーディエンス―メディア批判の社会心理学(2)
李光鎬・李津娥・杜妍
ホスト社会メディアに対する認識と(非)利用―在日中国人に対する調査をもとに―
大坪寛子
政治報道に対する批判―テレビニュースを中心とした敵対的メディア認知と報道規範意識からの検討―
渋谷明子・大倉韻・祥雲暁代・麻生奈央子
ゲームキャラクターへの多様な読み―若いプレイヤーへのインタビュー調査から―
鈴木万希枝
先端科学技術情報に関するメディア利用の分析―メディアに対する批判的態度の影響―
山本明
誤った情報の拡散とメディア・リテラシー
◆論文
伊藤陽一
コミュニケーション政策論の新局面―Alistair Duff(著)A Normative Theory of the Information Society にもとづいて―
小川(西秋)葉子
時間地理学と音楽コレオグラフィによるモビリティーズ映画探究―『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)分析におけるエンタングルメント概念の効用―
中田響
個人情報保護法制の一元化―官民規律の全面的統合は可能か?
大賀哲
国内メディアの国際関係認識―安保法制成立期の主要紙・社説に着目して
佐藤信吾
メディア記憶論の現代的展開
活動報告
目次(英文)
奥付
編集委員長|鈴木 秀美

刊行物 最新の刊行物 紀要バックナンバー

Keio Communication Review No.44(2022.3)

Cover and Contents
Notes for Authors in Keio Communication Review
<Articles>
No-neko in the Amami Islands: Media Analysis using Actor-Network Theory
KANAYAMA Tomoko
Psychological Distance and Media Coverage Regarding Foreign Nations
YAMAMOTO Akashi
An Exploratory Analysis of Japanese Voters Who Are Reluctant to Participate in Politics
OTSUBO Hiroko
Empowering Women or Selling Empowerment to Women? :Young Consumers Response to Femvertising in the Japanese Context
LEE Jinah
<Book Reviews>
Emotions, Media and Politics, Karin Wahl-Jorgensen, Polity Press, Cambridge, 2019, 220 Pages
MITANI Fumie and YAMAKOSHI Shuzo
Introduction to Positive Media Psychology, Arthur A. Raney et al., Taylor & Francis Group, 2021, 225 Pages
LEE Kwangho

Editor-In-Chief|LEE Jinah

Keio Communication Review 刊行物 最新の刊行物