close x

2021年度メディア・コミュニケーション研究所共同研究発表会:近年のバトル系少年マンガブームの発生とその仕組み

2021年度メディア・コミュニケーション研究所 共同研究発表会

題目:近年のバトル系少年マンガブームの発生とその仕組み

ゼミ:李津娥ゼミ
氏名:田原 佑安(法学部政治学科 3年)、北嶋 弥那子(文学部 3年)、土田 真生(文学部 3年)

 

共同研究発表

近年『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』などバトル系少年マンガが爆発的なブームを呼んでいる中で、これらによる社会現象の共通項を見つめることで、現代の日本人が「何を」仮想世界であるバトル系少年マンガに求めるのかについて明らかにしたく研究に取り組みました。(代表者 田原 佑安)

 

※2022年11月19日まで公開。この共同研究発表は学内限定公開です。発表を見るには「keio.jp」認証が必要です。

添付資料、参考資料

発表スライド

※2022年11月19日まで公開。この資料は学内限定公開です。資料を見るには「keio.jp」認証が必要です。

所属ゼミ紹介

「李津娥ゼミ」に関する情報はこちらをご覧ください。