close x

2021年度メディア・コミュニケーション研究所共同研究発表会:LGBTQのメディア表象―LGBTQを扱ったテレビドラマは偏見の解消に寄与しているのか―

2021年度メディア・コミュニケーション研究所 共同研究発表会

題目:LGBTQのメディア表象―LGBTQを扱ったテレビドラマは偏見の解消に寄与しているのか―

ゼミ:李光鎬ゼミ
氏名:大泉 さくら(法学部政治学科 3年)、川村 菜々花(法学部政治学科 3年)、和田 岳志朗(総合政策学部 2年)

 

共同研究発表

私たちの研究は、「最近、LGBTQ関連のドラマ増えたよねぇ」という会話からはじまりました。違いを認め、尊重するという多様性の時代へ向かう動きが活発になっている中で、テレビドラマは人びとの人権意識の変化や偏見の解消に役立っているのか?という疑問を明らかにした研究です。

 

※2022年11月19日まで公開。この共同研究発表は学内限定公開です。発表を見るには「keio.jp」認証が必要です。

添付資料、参考資料

発表スライド

※2022年11月19日まで公開。この資料は学内限定公開です。資料を見るには「keio.jp」認証が必要です。

所属ゼミ紹介

「李光鎬ゼミ」に関する情報はこちらをご覧ください。