close x

2021年度メディア・コミュニケーション研究所共同研究発表会:被害者の実名報道

2021年度メディア・コミュニケーション研究所 共同研究発表会

題目:被害者の実名報道

ゼミ:山腰修三ゼミ
氏名:手賀 梨々子(法学部法律学科 2年)、松田 英人(法学部政治学科 2年)、中川 紗帆(法学部政治学科 3年)、森 紗良(文学部 3年)、森島 凜太郎(文学部 3年)

 

共同研究発表

近年、相模原障害者施設殺傷事件や京都アニメーション放火殺人事件などの報道で被害者の実名報道が話題になることが多かったです。そのため、被害者を実名で報じることの意義と問題点について知りたいと思い、実名報道班で共同論文を執筆することに決めました。1985年から2019年までの5つの事件を比較したことで、実名報道のあり方は人権意識の変化とも大きな関わりがあることがわかり、非常に興味深かったです。執筆を通して多くのことを学ぶことができました。

 

※2022年11月19日まで公開。この共同研究発表は学内限定公開です。発表を見るには「keio.jp」認証が必要です。

添付資料、参考資料

発表スライド

※2022年11月19日まで公開。この資料は学内限定公開です。資料を見るには「keio.jp」認証が必要です。

所属ゼミ紹介

「山腰修三ゼミ」に関する情報はこちらをご覧ください。